ページの先頭です

症状別施術内容
あさくら接骨院 トップ > 症状別施術内容

当院では患者さんの症状に合わせ、立体動態波、Hi Voltage、マイクロカレント療法、EMS療法などの 電気治療・低周波治療、超音波治療、手技を組み合わせ施術していきます。

頭痛

CT検査では異常がなかったのに頭痛が続く。デスクワークやパソコン作業など、極度の疲労が首や肩へ伝わり、その周囲が固くなって脳への血流を妨げるため発生する緊張性頭痛。
当院はオリジナルの調整法で、首の筋肉の硬直を改善→肩の硬直を改善→腕全体の筋肉の硬直を改善といったように、痛みを発症する根から改善します。薬に頼らない生活を送りましょう。

腰痛

<ぎっくり腰、デスクワーク・長時間同じ姿勢による腰痛、スポーツによる腰の痛み、椎間板ヘルニア(保険外治療)など>
腰痛の原因は様々です。例えば日頃の疲れや姿勢の悪さから、徐々に前屈姿勢になり、そのバランスを取ろうと骨盤が後ろに傾いていきます。その分体重が腰周辺の筋肉に集中→負担に耐え切れず腰痛に繋がっていきます。
また長時間座った姿勢や、重労働をした時にも、腰周辺の筋肉は過剰に緊張し、負荷がかかって腰に痛みを生じます。病院で詳しく検査しても、原因がはっきりしない場合は、腰椎周囲の筋力が弱く、適切な姿勢が保持できないことや、腰椎周囲の筋肉に過度の負担がかかることが原因とされています。これらの症状の方は、当院のオリジナル調整法で、血流を良くして固まった緊張を緩和し、痛みを改善していきましょう。
椎間板の髄核が飛び出し神経を圧迫する腰椎椎間板ヘルニア(保険外治療)は、激しい腰痛や下肢のしびれを引き起こします。当院では筋肉の緊張を緩和して背骨や骨盤の歪みを矯正し、身体を正しく安定させていきます。
腰痛は放っておくと、慢性化を起こしてしまいます。その前に一度ご相談下さい。

急な身体の痛み

<肘の痛み、腕の痛み、肩の痛み、足首の痛み、膝の痛み、股関節の痛みなど>
レントゲンでは異常がなかったのに痛みが続く。レントゲンでは骨の異常しかでません。そのような場合は、筋、靭帯、関節の歪みに原因があることがほとんどです。専門家がいる当院にお任せください。

体のゆがみ矯正

<猫背、O脚、開いた骨盤、背中のゆがみ、腰のゆがみなど>
特に最近では子供たちに多い問題です。部分的な治療では改善しません。骨盤の関節を包む結合組織の運動域を改善し、筋調整を行っていきます。

事故治療

<むち打ち症(腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感などの後遺症)>
※当院では自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)や任意保険での治療ができます。
その場合自己負担金はかかりません。

むちうち症とは、自動車事故やスポーツなどで何か衝撃を受けて負った首や首周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷のことを言います。衝撃があった数日後に頭痛や耳鳴り、めまい、吐き気、手のしびれなど、自律神経症状を生じることもあります。しかしむちうち症状の原因は、レントゲン、MRI、CTなど、医学的に調べても見つけることができず、整形外科では湿布や薬の処方で改善を目指していくことがほとんどです。当院では超音波、ハイボルテージ治療、手技によって体の調子を調整し、状態を整えます。事故対応の専門家が担当いたしますので、ご相談ください。

捻挫

骨と骨をつないでいる靭帯にストレスがかかり、切れたり伸びてしまう捻挫。放っておくと、骨や関節にまで負荷がかかり、症状が悪化してしまうことがあります。また、伸びたまま癖となり、再度捻挫を引き起こしやすくなる可能性があります。当院で正しい治療をしましょう。

脱臼

関節は骨と骨が連結して構成されていますが、その骨が部分的、または完全に外れ、本来の状態に戻らない状態を脱臼と言います。
脱臼は速やかに整復することが望ましく、場所によっては遅くなると悪化して手術が必要になる場合があります。また自己治療だと正確な位置に復元されないまま固定されたり、無理な整復方法で新たな骨折を起こすことがあります。
病院で脱臼を治療したのに痛みがあるという方は、その周辺の組織を傷つけ、可動領域に制限がかかっている場合があります。
その場合は検査では発見できません。当院の物理療法で治していきましょう。

肉離れ(挫傷)

外部の強い打撃でできる内部の傷です。放っておくと、すぐに再発して痛みを伴う場合があります。当院で正しい治療をしましょう。

スポーツ傷害、スポーツ後のアフターケア

運動中に急な大きな力が働いて、骨や関節、筋肉、靭帯に骨折、脱臼、断裂を生じるスポーツ傷害。スポーツを楽しむ人の増加とともに、スポーツ傷害に悩む方も増えています。「使いすぎ」による障害は後遺症を残すこともあります。当院で治療、ケアしながら、予防方法、トレーニング方法を実践して長くスポーツを楽しみましょう。